運転中の疲労は目からくる

よく車を運転していると高速道路ならサービスエリアに立ち寄ることをおすすめしますとか、長時間の運転なら必ず休憩をなんとか取る事をアドバイスされることが多いようです。
 しかしただ単に車を運転するだけですし、体を駆使するわけでもなく疲れがたまっているわけでないのにもかわらず休憩をできるだけはさまなければいけないのはどういうことでしょうか。
実は運転中の疲労というのは意外なところからたまってくるものなのです。それは目から疲れてくるということです。体が元気であっても体力的に問題でなくても、運転に慣れていたとしても、必ずといっていいほど長時間運転すると目から疲れてくるものなのです。 
                                                                                    

休憩を取るというのはトイレ休憩しなければならないとか、体を休めなければならないだけでなく、どちらかというと眼球をしっかりと休める、目をいたわるということが大切になってくるのです。それぐらい車の運転は集中しなければいけませんし、速度を飛ばせば飛ばすほど、運転する範囲の視界が狭くなるので、その分疲れが一気にたまってくるということになるのです。疲れを取るためにも十分な休憩をとり、長時間の運転を避け出来る限り休むように心がけるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。