トンネル内の照明がオレンジなのはなぜ?

車に乗っている時や、運転している時にトンネル内の照明がオレンジなのはなぜ?と思った人も多いと思います。それは照明にナトリウムランプが用いられているからです。町中にある一般的な街灯には水銀ランプが用いられており、白色光を出します。ナトリウムランプは水銀ランプに比べて消費電力が半分から1/3程度に抑えることができ、寿命も長いです。そのためコストパフォーマンスが良いです。照明がオレンジ色であることのメリットはたくさんあります。

まず、車から出る排気ガスや付着している粉塵などが充満していてる中でも白色光に比べて波長が長いので遠くの方まで照らすことができます。車についているフォグランプが黄色いのもその理由のためです。また、人間の目は黄色か~赤色付近の波長に敏感です。そのため、視界を明瞭にすることができます。そして、夜になると蛾などの虫が白色光を出街灯に集まっているのを見たことがある人が多いと思いますが、オレンジ色の光では紫外線を発生させないので、蛾などの虫を寄せ付けにくく清掃や点検をする際の効率が良くコストも抑えられます。また、白色光に比べて植物が育ちにくい光の波長なので、育成を抑えることができます。

コメントは受け付けていません。