過労運転を避けるコツ

仕事で出張にいくときに車を使うときや、または遊びで旅行に行くなど車を使って行く場合もありますが、そのときはできるだけゆとりのある運転計画を行うことが必要です。高速道路を使うだけでなく、一般道路を走る場合でも適度に休憩を取る必要があります。 自分は若いから大丈夫だとか、体力に自信があるからといって長時間運転することは大丈夫という人がいますが、それを続けると過労運転になり、集中力が途切れるだけでなく、目も披露し運転がおろそかになることもあります。
                                                                                

 また注意散漫となり思わぬ事故をまき込む危険性もありますので、ゆとりのある運転計画を持って行う必要があります。時間に限りがありどうしても早く現場に行かなければならないとか、旅行のプランを詰めてしまったせいで運転をできるだけ休憩を取らずにやらなければならないという事を極力なくすようにしましょう。
 つまり長時間運転を続けることは事故の発生率がいちじるしく高くなるのです。適度に休憩を取り、多少時間がかかってもゆとりのある運転をする方が事故を起こす危険も少なく、心身ともにリラックスした状態で車運転することができるのでそちらをおすすめします。安全運転とゆとりのある運転はセットで考えたいですね。

コメントは受け付けていません。