障がい者は税金が安くなる

障害者手帳が交付されている場合自動車税が一定の条件を満たした時に減免されるという制度があります。自動車税と自動車取得税の減免額は限度額が45000円、自動車取得税の減額の限度額は15万円です。ただし、自動車税の減免は障害者一人につく車は一台のみです。この制度の申請に際しては自治体によって必要な書類が異なります。一般的には障害者本人が保有する車の税を減額する以外の場合には、住民票謄本、戸籍謄本、自動車の使用に関する申出書、自動車の使用目的に関する書類などです。普通自動車税の減免に関しては軽自動車の場合とは違って県税事務所まで出向いて行う手続きは毎年実施する必要はありません。
                                                                            

そして減免の要件に特に変更が無く引き続いて使用する場合には特に手続きをしなくても、次の年からもそのまま減免受けることができます。障害者手帳の等級によって税金の割引を受けられることが多いのですが、自動車を保有する方、自動車をもっぱら運転する方などの条件も影響してきます。つまり身体障害者手帳が交付されている人ならだれでも減免が受けられるというわけではないので注意が必要です。自治体によっては障害者本人が運転する場合に比べて整形同一者が運転する場合では減免の対象となる障害者手帳の投球の範囲が狭くなる場合もあるので、障がい者の税金減免措置については居住地の自治体に問い合わせをしてみるのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。